忍者ブログ
月代文雪の日記。 シルバーレイン参加者以外はすぐお戻りくださいませ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/06 神農]
[10/03 神農]
[10/02 月代]
[10/02 神農]
[10/02 月代]
最新TB
プロフィール
HN:
月代 文雪
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今晩和ーってこれ癖です。(笑
今日は学校がおやすみの文雪の背後でっす。

最近根暗さがグレードアップしてくる文雪。
私もちょっと失恋(?)したばっかりだから不安な気持ちもわかるけど・・・
もういっそ告っちゃいなさいと。

さて、こんな私が出てきたわけ。
それはひとえに「あ、キャラ解析するの忘れてた」という理由です(最悪

月代文雪(つきしろふみゆき) 現在15歳 12月24日生まれ 血液型不明(つか決めてない/殴)

<生まれ>
聖職者の家系である月代家に生まれる。
父、母、1歳違いの兄、霧雨が居る。
文雪が生まれる1ヶ月ほど前、予言によって「神を殺す子が生まれる」と言われる。
それ故に生まれる前からほかの聖職者の家系から命を狙われる。
周囲の反対を押し切り、母が文雪を産む。
10年ほどは幸せに暮らしていた。(その裏で少しずつ殺害計画はあったのだろう)
が、今から3,4年前
(文雪のショックで何歳のときにあった事件か不明となってしまった。
が、10歳より後ということは当人が覚えていたためこれくらいだろうと推測し、3,4年と出す。)
ついに「神殺し狩」が始まる。
そのとき文雪は殺されそうになるがそれを両親が阻止。
それによって両親は死亡。
その事件を見ていた兄に
「御前などいなければよかったのに」「御前にこの場に居る資格はない、消えろ」と言われ
家を出る。
その3ヶ月ほどあと、文雪が家の近くをとおり様子を伺うものの、兄は既におらず、家は荒れたままだった。
兄が家を出たことを悟った文雪は一人で家にすむことになる。(現在実家と結社を行き来している)
そして現在にいたる。 部屋の中には血のあとがあったりするわけで毎日文雪はその前で
ごめんなさいと詫びる。

<性格・生き方>
・ほわほわしたドがつくほどの天然さん。
それ故に微妙にKYな部分がある。当人は必死に空気を読もうとするものの読めていない。

・にこにこしているが時たまそれが作り笑いのときも在る。
(しかしその作り笑いには深い意味はない。無意識のうちの作り笑いである。)

・表情を隠すことはあまりせず、喜怒哀楽が激しいともいえる。

・一旦落ち込むとなかなかたちなおれないやわな精神の持ち主。
(背後のほかPC曰く、一度落ちたら奈落の底まで落ちていく、らしい。)

・自嘲することが多い。そして自分を化物というときまである。

・横文字が苦手だが、必死に勉強する日々。努力家でもある。
それが精神面に応用できたらと当人も悩む。

・悩みやすいが背後キャラの中で一番話し合える人が居る。
自分でも人に支えられていると自覚しているため、感謝を表すことが出来る素直な人。

・優しさに弱い。(当人も認めている)

・勉強は毎日欠かさずがりがりやっている。 その割テストではそこそこなタイプだった(前までは)
銀誓館では果たしてどうなのか。

・突然の出来事には少し戸惑う。 
が、迅速な対応が出来ることが多い
(ただし出来ないこともある。どうすればよいのか分かってないことがあるからだ。)

・少し病弱で風邪をひいたらこじらせて熱を出すこともある。


<言葉>
・基本的には「です」「ます」を使うが独り言や自己完結だと「だろうなぁ」とか「だよなぁ」とかボヤキ口調になる。
ついでに敬語を使うことはあまりなく「です」「ます」だけしっかりしている。(背後の学力不足のせいです)

・あわてたり、焦ったり、不安になると「あぅ」と出る。
酷いと「あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ~」とエンドレスになる。
驚いたときには「ふにゃっ」という事が多い。
悩んでいると「むむ」と言う。

・思い出して恥ずかしくなると突然「きゃー」とか「あぅー」、「はわわ」など、小さな声で頬を押さえながら言う。
(ちなみにその場で恥ずかしいと、最初の音【たとえば「何~」だったら「な」のように】を言い続ける。
例として「何するんですか」だと「な、な、な、な~!? な、何するんですかぁぁぁっ」となる)

・好きな言葉は「肝胆相照」「明鏡止水」など。四字熟語を好む。(背後と一緒/笑)

・漢字は出来てもカタカナは書ける程度。読むのにもつっかえつつ読む。
理科の授業は大変。
「お、おきしど、る?おきしどぉる? オキシドール・・・????」
「え、えたのる? えたのぅる、 えたのーる? えたの・・・??????」
それでも字を見ればなんとかノートにとれるため、それで覚えてしまうらしい。
(ちなみに言葉と物が結びつかないということはあまりないが勘違いで違うものと結びつけることは結構ある)

・英語は壊滅的。
1年生の頃は
『次の単語を英語に書き換えなさい ・こんにちは』
だとすると
「は、はろぅだ。そう、はろうだ。 えっと・・・」
と悩んだ挙句
“Haro”
になる。(ちなみに皆さんご存知のとおりハローはHello・・・あれ?違うか?)
最近はかけるらしい。 とにかく英語は苦手。
特にリスニングは大変。
わからない云々の前にぼんやりして聞き損ねる事もある。


ちょ、長くなってきたので一旦ここでとめます。 ではさよーならー(逃
・・・あ、続きかかないかm(殴
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 白黒兎の呟き。 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]