忍者ブログ
月代文雪の日記。 シルバーレイン参加者以外はすぐお戻りくださいませ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/06 神農]
[10/03 神農]
[10/02 月代]
[10/02 神農]
[10/02 月代]
最新TB
プロフィール
HN:
月代 文雪
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、何であんなことを・・・してしまったんだろう。

私は、まだまだ愚かですね・・・。

兄様のことや・・・好きな方のことを思ったら・・・なんだか
突然、どすんと重いものが落ちてきたような感覚でした。



貴方様は私がいなければ良いといった。
私もそう思います。

だって私はもう誰にも必要とされていないから・・・。

私はもう、怖くて動けないんです。
前に進むのも怖いけれど後ろにはもう戻れないんです。

もう、道はないんです。
ひたすらひたすら歩いてきたけれどそれは意味があったんでしょうか?

私はもう、とまりたい。

進む事が、怖い。

私はもう動くことなんてしたくない。
私は自分の時を止めたい。





そう思って今日は。 
ついにやってしまいました。
今まで必死に抑えていた、ことをやってしまいました。
市販の風邪薬の過剰摂取・・・。
何で、止められなかったんでしょうね・・・。

今考えたらばかばかしいのですが。
それも私は分からなかったんでしょう。

今は、まだ――ぼんやりします。
寝起きのせいでしょうか?

泣いて、泣いて。
そのまま眠ってしまったのかもしれないです。
だって寝よう、なんて思った覚えないですもの。
でも布団に居たから・・・寝よう、としていたのかも・・・?

今日のことは・・・
・・・悪い、くせです。
兄様を傷つけてから始まった癖・・・。

なんとかして、直さないと・・・
そうしないと私は本当に歩けなくなってしまうから・・・。

まだ私は罪を償っていない。
いつか貴方様に会って言うんです

「ごめんなさい」と。
あの日いえなかったごめんなさいを、言うんです・・・
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 白黒兎の呟き。 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]