忍者ブログ
月代文雪の日記。 シルバーレイン参加者以外はすぐお戻りくださいませ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/06 神農]
[10/03 神農]
[10/02 月代]
[10/02 神農]
[10/02 月代]
最新TB
プロフィール
HN:
月代 文雪
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

未だ体調不良が治らない駄目っこ文雪です今日和。
この書き出しすごく久々な気がします。

凪が結社に戻ってきて少し安心しました。
よく笑うようになったし。

続きは背後さんが何故か書きたくなったものらしいです。
ついでに私なんだそう。

…失礼ですね背後さん。 呼び捨てにしますよ?
(背後:ごめんなさい!)


怖くて 背中を丸めて 恐れながら歩く 町
人々のざわめきが ここまで 怖いなんてしらなくて
笑い声が 耳に 刺さる 胸にも刺さって 血が零れる

痛いと 泣いても 誰も聞かぬ
当たり前だと割り切っても 涙は 零れる
指に触れた雪 体温で融け
手を伸ばしても誰も 誰も 気付かない 
一人で 生きていく
そう 決めたのに

“What is this? What is this thought? ”
(これは何ですか? この思いは何ですか?)
“――Your heart knows the answer.”
(答えは貴方の心が知っています)
“Really?  But I do not know an answer.”
(本当ですか? でも私は答えを知らないのです)
“Please calm down.  You can know an answer immediately.”
(落ち着いて。貴方はすぐに答えを知ることができるから)
“Really?”
(本当に?)
“Yes,of course.”
(えぇもちろんです)

人を 思うことは ですか?
人を 裏切ることは ですか?
だまされるのは ですか?
裏切られるのは ですか?


一人で生きていけるって思っていた なのに
結局他人に 縋る 縋る


思う

人を思うことが罪ならば 罰があるだろう
けれど

もう罰を恐れない
共に生きてくれる人がいるなら
もう恐れないから

共に歩み行けるなら
きっと 罰にも負けないでいけるから

ゆっくりでも
歩いていけると思うから

今度町を歩くときは 恐れないで 笑って歩きたい


(背後:文雪はそんなに強くないから罰を恐れるよね)
(文雪:ぶん殴りますよ?)
(背後:つか御前結構英語できるんだ?)
(文雪:聞き取れませんが)
(背後:テストの筆記はできるんだよね。 …なんでこんなにぺらぺら喋れんの?)
(文雪:それは貴方の妄想内だから。)
(背後:素敵俺)
(文雪:自意識過剰にならないでくださいよ。なるしすと、ですよ? ところで私と話しているのは誰?)
(背後:あぁ、あれ? 知らない
(文雪:…はぁ)


PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 白黒兎の呟き。 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]