忍者ブログ
月代文雪の日記。 シルバーレイン参加者以外はすぐお戻りくださいませ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/06 神農]
[10/03 神農]
[10/02 月代]
[10/02 神農]
[10/02 月代]
最新TB
プロフィール
HN:
月代 文雪
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の前は真っ白だった
そこらじゅうに転がるのはクレヨン、絵の具。
この真っ白な自分の世界に色をつけていった。

さまざまな色を重ねた。
白は鮮やかに変わる。

赤、青、黄色、緑、紫、橙、など。いろいろな色を重ねた。


けれども、気づけばそれは
「黒」と化していた。

急いで白を重ねてもそれは消えていく。

あわてるがゆえに転び、怪我を負い。

そうしていつしか黒の上にはもう何もありえない、自分はそう悟った。

けれど違った。



べちゃっ




自分の血だらけの腕をたたきつければ

紅だけがしっかと黒になじむ。




黒と紅の共存。


そこの境目に僅かに生まれた黒白の光に手を伸ばせば。















「…夢」
天井の壁が高く見えた。

「文雪」
兄の呼ぶ声が聞こえ、ゆっくりと身体を起こす。





「また、きて欲しくない日がきた」
いい加減にしろと口悪くつぶやいて少年は歩き出す。


ゆがみつつも光る
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 白黒兎の呟き。 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]